支笏湖の姫鱒(しこつこ の ひめます)

登録タグ アイヌ民話 支笏湖の姫鱒
支笏湖の姫鱒

大昔、北海道を創った国造りの神『トーカラカイム』は、支笏湖を造り、
 魚を放ち、たくさんに増えることを楽しみにしておりました。
 
  ある時、どのくらい魚が増えたかと調べに湖水に入りますと、
 水は冷たく、また以外に深く、神様の大事な股間までも濡らしてしまいました。
 腹を立てた神様は、湖に棲む魚をみんなすくいあげて、荒海に投げ捨ててしまいました。
 
  しかし、一匹だけ国造り神『トーカラカムイ』の手からもれて、難を逃れた魚がいました。
 それが、アメマスで、やがて大化物に成長し、湖の主となって悪業の限りを尽くしてあばれまわり
 村々の人々を苦しめました。
 
  やがて、アイヌの勇者『オアイヌルシクル』によって退治されてしまいます。
 オアイヌルシクルはその肉を細かく切って、湖に投げ捨てると、
 こま切れの肉片はたちまち小魚となって泳ぎ散りました。
 
  その小魚がどんどん繁殖したのが、現在の姫鱒(ひめます)だとか。
 これが、伝説からみた支笏湖の姫鱒のルーツです。
コメントを投稿する

新規コメント

お名前
コメント
パスワード※パスワードを登録するとコメントの修正・削除ができます


サイトコンテンツ

興味深いネタ(5)
短文資料(39)
気ままアイデア(4)
おすすめ資料(3)
服飾資料(13)
アイヌ民話(31)

人気のある記事



ブログパーツ

スポンサードリンク


『駿河屋』


年間アーカイブ


2011年の記事

ブログ情報


当ブログはリンクフリーです。 相互に関しては↓を御覧ください。

このブログについて
掲示板 [BBS]
RSSを購読してみませんか?

リンク


サイエンス チャンネル
こちらは気になる科学探検隊
侍魂
世捨て人の庵
憂鬱プログラマによるオブジェクト指向
complex fraction