厚岸の逆水松(あつけし の さかさ おんこ)

登録タグ アイヌ民話 厚岸の逆水松
厚岸の逆水松

北海道は厚岸にある、お供山(オヤコツ)と呼ばれる高台には、枝を下に向けた
 『逆水松(さかさおんこ)』という珍しい松が生えています。 
 その逆水松(さかさおんこ)にはこんな逸話があります。
 
  寛政元年に北海道で起こった、エゾの反乱の時のことですが、
 この反乱の時、多くの和人がアイヌの民によって殺害されました。
 
  アイヌの老婆『オンコノイケ』は、いくら和人とはいえ、子供まで殺されるのは
 見るに忍びず、自分の着ていた肌着(モール)をすっぽりかぶせて、
 アイヌの子供にみせかけ、こっそりと松前藩のところに逃がしてやっていました。
 
  藩の人々は、感謝の印として、褒美や宝物を老婆にあげるのですが、
 それが仇となりアイヌの民に裏切り者と殺されそうになってしまいます。
 
  老婆は、岩穴に逃げ込むのですが、そこで息を引きとります。
 そして岩穴の入り口に立てて置いた老婆の杖が根づき成長し逆水松(さかさおんこ)
 となったそうです。
コメントを投稿する

新規コメント

お名前
コメント
パスワード※パスワードを登録するとコメントの修正・削除ができます


サイトコンテンツ

興味深いネタ(5)
短文資料(39)
気ままアイデア(4)
おすすめ資料(3)
服飾資料(13)
アイヌ民話(31)

人気のある記事



ブログパーツ

スポンサードリンク


『駿河屋』


年間アーカイブ


2011年の記事

ブログ情報


当ブログはリンクフリーです。 相互に関しては↓を御覧ください。

このブログについて
掲示板 [BBS]
RSSを購読してみませんか?

リンク


サイエンス チャンネル
こちらは気になる科学探検隊
侍魂
世捨て人の庵
憂鬱プログラマによるオブジェクト指向
complex fraction