網走の語源(あばしり の ごげん)

登録タグ アイヌ民話 網走の語源
網走の語源

昔、一人の旅する修行僧が山越えをしようと、
 ウポポウシ(アイヌ語で『歌舞をする所』という意味)と呼ばれる土地に
 立ち寄ったときのことです。
 
  道を歩いていると不意に『ウン・ウン・ウンフ・ウ・チュイ・
 ロレアイワ・オキナ・チコレロレ・・・・』と神秘的でいて心に響く
 美しい歌声が聞こえてきました。
 
  旅の僧は、興味をひかれ、声のする方に近寄ってみると、
 大勢の人が楽しそうに踊っているのが見えました。
 
  さらに近寄っていくと、突然、歌も踊りも止んで、
 人々の形が白い鳥に姿を変え、群れをなして、飛んで行ってしまいました。
 
  その時、飛んでいってしまった鳥が、『チパシリ、チパシリ』と鳴きながら飛び去ったことから、鳥が飛び去った土地のことを
 チパシリと呼ぶようになり、やがてそれが、『あばしり』になったと言われています。
コメントを投稿する

新規コメント

お名前
コメント
パスワード※パスワードを登録するとコメントの修正・削除ができます


サイトコンテンツ

興味深いネタ(5)
短文資料(39)
気ままアイデア(4)
おすすめ資料(3)
服飾資料(13)
アイヌ民話(31)

人気のある記事



ブログパーツ

スポンサードリンク


『駿河屋』


年間アーカイブ


2011年の記事

ブログ情報


当ブログはリンクフリーです。 相互に関しては↓を御覧ください。

このブログについて
掲示板 [BBS]
RSSを購読してみませんか?

リンク


サイエンス チャンネル
こちらは気になる科学探検隊
侍魂
世捨て人の庵
憂鬱プログラマによるオブジェクト指向
complex fraction