まりもの伝説

登録タグ まりもの伝説 アイヌ民話
まりもの伝説

まりもは、アイヌ語で『トーラサンペ』(『湖の妖精』という意味)と呼ばれています。
 大昔、阿寒湖半には、たくさんのペカンペ(菱の実のこと)がありました。
 しかし、阿寒の神様はペカンペが大嫌いで、いつも邪魔者扱いしていました。
 
  ペカンペに宿る精霊は、『私たちをいつまでも阿寒湖に置いて下さい』と頼んでいましたが、
 神様は聞き入れてくれなかったので、ペカンペの精は大層、腹を立てていました。
 
  そして、神様に追い出される日に腹いせに、湖畔の藻をむしりとって
 阿寒湖に投げ込んでいき、湖から去っていきました。
 
  湖底に沈んだ藻は、水にもまれて丸くなり、それが今のまりもになった
 といわれています。
コメントを投稿する

新規コメント

お名前
コメント
パスワード※パスワードを登録するとコメントの修正・削除ができます


サイトコンテンツ

興味深いネタ(5)
短文資料(39)
気ままアイデア(4)
おすすめ資料(3)
服飾資料(13)
アイヌ民話(31)

人気のある記事



ブログパーツ

スポンサードリンク


『駿河屋』


年間アーカイブ


2011年の記事

ブログ情報


当ブログはリンクフリーです。 相互に関しては↓を御覧ください。

このブログについて
掲示板 [BBS]
RSSを購読してみませんか?

リンク


サイエンス チャンネル
こちらは気になる科学探検隊
侍魂
世捨て人の庵
憂鬱プログラマによるオブジェクト指向
complex fraction