摩周湖の雨(ましゅうこ の あめ)

登録タグ アイヌ民話 摩周湖の雨
摩周湖の雨

北海道にある摩周湖の真ん中には、カムイシュー(アイヌ語で『神の婆』という意味)
 と呼ばれる可愛いい名前の島があります。
 
  その小島について、こんな逸話があります。
 アイヌの英雄とまで呼ばれた勇者『ヲタシトンクル』がまだ幼い頃、
 彼の祖父がある日、武運が尽き、戦死した時のお話です。
 
  部落が破れてしまい、命を狙う敵の目から逃れるために、まだ幼いヲタシトンクルは、
 祖母に抱かれ、北海道をさまよい歩いていました。
 
  しかし、幼いヲタシトンクルの祖母は、命より大事な孫を、
 山野を逃げ惑ううちに見失ってしまうのでした。
 幼いヲタシトンクルは、他のアイヌの部族に運良く助けられるのですが、
 そんなことを知らないヲタシトンクルの祖母は、半狂乱となって、
 わが孫を捜し求めました。
 
  幾日も幾日もさまよい歩き、摩周湖の畔までたどり着いた時には、
 疲労と空腹で、彼女はもう歩き続けることが出来なくなりました。
 
  失意の祖母は、島となってここに留まり、いつの日か、孫に会いたいと
 摩周の神に祈りました。
 
  そうして、彼女の願いが神に届き、島となったのが現在の中島(カムイシュー)と言われています。
 彼女が島になって以来、この地に人が訪れると見失った孫がきたのかと思い、嬉し泣きに空が泣くと言われています。
 摩周湖に雨が多いのは、こんな悲しい伝説があるからと言われています。
コメントを投稿する

新規コメント

お名前
コメント
パスワード※パスワードを登録するとコメントの修正・削除ができます


サイトコンテンツ

興味深いネタ(5)
短文資料(39)
気ままアイデア(4)
おすすめ資料(3)
服飾資料(13)
アイヌ民話(31)

人気のある記事



ブログパーツ

スポンサードリンク


『駿河屋』


年間アーカイブ


2011年の記事

ブログ情報


当ブログはリンクフリーです。 相互に関しては↓を御覧ください。

このブログについて
掲示板 [BBS]
RSSを購読してみませんか?

リンク


サイエンス チャンネル
こちらは気になる科学探検隊
侍魂
世捨て人の庵
憂鬱プログラマによるオブジェクト指向
complex fraction