屈斜路湖の大ヒラメ(くっしゃろこ の おおひらめ)

登録タグ アイヌ民話 屈斜路湖の大ヒラメ
屈斜路湖の大ヒラメ

北海道の大きな湖には、巨大な怪魚が住んでいる伝説が多いそうです。
 阿寒国立公園の美幌峠から見下ろす事が出来る、
屈斜路湖(くつしゃろこ)にも面白い伝説があります。
 
  昔、この湖には獰猛な大ヒラメが住み着いていたそうです。
 その大きさは、小さな小島ほどもあり、ひとたび暴れ出すと、
 地震が起こるほどだそうで、近くのアイヌの民たちはとても困っていました。
 
  アイヌの英雄『ヲタシトンクル』は、この話を聞き、勇敢にも単身で
 鉾(やり)をもって大ヒラメ退治に出かけました。
 
  勇者『ヲタシトンクル』は、大ヒラメとまともに戦ったら負けると思い、
 策を練りました。
 大ヒラメの硬い鱗に覆われていない目玉を鉾(やり)で一突きにし、
 鉾(やり)の柄(え)に結んだ縄を山に結び付けて動きを封じるという作戦でした。
 
  作戦は順調に成功していき、ついに大ヒラメの動きを封じましたが、敵もさるもの、その山ごと馬鹿力で引き抜いて
 逃げようとしました。しかし、悪運が尽きたのか、引き抜いた山に運悪く下敷きとなり、死んでしまいました。
 
  大ヒラメが下敷きになった小山は、現在では、中島と呼ばれていて、小山を引き抜いた跡は沼となっていて、
 ポンド(奔渡と書く、意味は『小さな沼』) と呼ばれています。
 
  余談ですが、最近、恐竜のような怪物が屈斜路湖に出没したとか。
 『クッシー』と呼ばれて観光客や近くの人々の話題となっているとのことです。
コメントを投稿する

新規コメント

お名前
コメント
パスワード※パスワードを登録するとコメントの修正・削除ができます


サイトコンテンツ

興味深いネタ(5)
短文資料(39)
気ままアイデア(4)
おすすめ資料(3)
服飾資料(13)
アイヌ民話(31)

人気のある記事



ブログパーツ

スポンサードリンク


『駿河屋』


年間アーカイブ


2011年の記事

ブログ情報


当ブログはリンクフリーです。 相互に関しては↓を御覧ください。

このブログについて
掲示板 [BBS]
RSSを購読してみませんか?

リンク


サイエンス チャンネル
こちらは気になる科学探検隊
侍魂
世捨て人の庵
憂鬱プログラマによるオブジェクト指向
complex fraction